COVID-19アウトブレイク中にジムを避けている場合、自宅で運動する方法


自宅で全身トレーニングを行うにはいくつかの方法があります。 



新型コロナウイルスは呼吸器疾患を引き起こし、



ウイルスに感染した人が触れたものに触れたり、



くしゃみや咳を介して広がります。



大型ジムは運動をするのに最適な場所ですが、



新型コロナやウイルスが広がる場所でもあります。



Re:Lineでは徹底的に洗浄するために、



換気はもちろんのこと、器具やスイッチなど、



触れる部分は、毎回消毒させていただいています。



人が密集しないことも、管理がしやすいという



面でも良かったと思います。



マスクも少しありますから、花粉で辛いのに



買えない方など声かけてください。差し上げます。



そして前の記事でもありますが、



『ウィルス対策で1番重要なことは手洗いです』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今回はこのような状況でも



自宅で全身運動を行う方法をご紹介します。



運動は、一日の終わりにストレスを解消する



素晴らしい方法であり、免疫システムを



最高の状態に保つ良い方法です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



自宅で行うトレーニングでは、



身体のポジションや細かな身体の動きを



自身で確認することが難しいです。



ですので、大きな身体の動きをたくさん使って



心拍数がしっかりと上がるトレーニングを行う



ことにフォーカスして行います。



↓



プランク、腕立て伏せ、複数のスクワット、



レッグリフトなどの大きい筋力意識して使うことで、



心拍数は上がりやすくなります。



おすすめのトレーニング方法はこんな感じです。



『45秒間の運動をインターバル10〜15秒4〜5セット』



これだけでも十分な運動になります。



増やしたり減らしたりは、体力レベルに合わせて行います。



『心拍数がしっかりと上がること』が重要です。



これは身体の内部からトレーニングできている証拠です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



例えば、



スクワット 45秒

インターバル10〜15秒



レッグランジ 45秒

インターバル



プランク 45秒

インターバル



サイドプランク 45秒

インターバル



腕立て伏せ 45秒



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



体のさまざまな領域を対象とするエクササイズを



選択すると、20分程度で全身の効果的な



トレーニングが行えます。



Re:Lineでは、皆様に20〜30分程度の



自宅用トレーニングを用意致しますが、



大きい筋肉を刺激して→心拍数を上げる→コアやここに必要な部分をトレーニングする



といった内容になっています。


これはあくまでベースですので、日によって変化やレベルに合わせた変化が必要になります。



また一人でやるのも寂しければ、

YouTubeでトレーニング動画を見るのもいいでしょう♪


15回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403