適度な量のコーヒーは飲んだ方がいい、最新の研究


コーヒーの健康上の利点に関しては、悪い評判もあります。

毎日2〜5杯のコーヒーを飲むと、

心臓病、糖尿病、一部の癌を防ぐことができますが、飲みすぎると不安、神経質、不眠症などの問題を引き起こす可能性があります。

最新の研究は、コーヒーの適度な飲料が最良の薬であることを示唆しています。

2020年7月23日にニューイングランドジャーナルオブメディシンに掲載されました。

95の研究のレビューに基づいて、著者はコーヒーを含むすべての飲料からのカフェインの総消費量を1日あたり400ミリグラムに制限することを提案しています。

研究者によると、この量は、カフェインの副作用のリスクを少なく、コーヒーの恩恵の多くを得ることができます。

研究者は、なぜコーヒーを飲むことが健康的であるのか明確には証明できません。

しかし、健康上の利点が他のカフェイン入りの飲み物と比較してもコーヒーはより健康に強く関連していることを考えると、おそらくカフェイン以外のコーヒーの成分が起因していると考えられています。

コーヒーには、植物化学物質、マグネシウム、カリウム、ビタミンBも含まれています。これらはすべて、酸化ストレスを軽減し、代謝を改善することが示されています。

研究者は、カフェインを他の人よりも速く代謝できる人もいるため、問題なく大量のコーヒーを摂取できる人もいるといいますが、

いずれにせよ、毎日コーヒーはおよそ500ml以下に制限して飲むことにより健康上の利点を得られるようです。

4回の閲覧
Contact Us:

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403