現代人が立ち返って考えるべき刺激


人間の身体の機能や認知機能は、実は古代から進化していないのにも関わらず、文明や環境の目まぐるしい変化の速さにさらされています。

我々に振りがかかるあらゆる超刺激とも言われる刺激は心身ともに悪影響となっていることは数々の研究で分かっています。

ここでは簡単に、

古代より多すぎるもの、

少なすぎるもの

存在しなかった新しいものを紹介し、

多すぎるものはなにか

少なすぎるものはなにか

新しい刺激を受けすぎているものはなにか

日本人は世界的にみて幸福度が低いとされています。食事だけではなく

今一度、これからのギャップを埋めることで、より良いライフスタイルを作る参考にしていただきたいと思います。

多すぎるもの

摂取カロリー

精製穀物

アルコール

オメガ6脂肪酸

塩分

乳製品

飽和脂肪酸

満腹感

食事のバリエーション

人口密度

衛生設備

人生の価値観

少なすぎるもの

有酸素運動

筋肉を使う運動

睡眠空腹感

ビタミン

ミネラル

食物繊維

タンパク質

オメガ3脂肪酸

自然との触れ合い

有益なバクテリアとの接触

太陽光の摂取量

深い対人コミュニケーション

他人への貢献

新しすぎるもの

加工食品

トランス脂肪酸

果糖

ブドウ糖

液糖

公害

人工照明

デジタルデバイス

インターネット

慢性的なストレス

化学物質

重金属

処方薬

抗生物質

孤独

仕事のプレッシャー


4回の閲覧
Contact Us:

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403