『米国No,1医療機関Mayo Clinic掲載』犬との生活は死亡リスクを低下させる。


米国で1位を獲得した医療機関 Mayo Clinic の2019年9月号記事で報告された 犬と生活することは心疾患リスクを下げる! という研究をご紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 研究者は、心疾患の既往のない 25~64歳の1,769人を調べました。 参加者の全体的な心血管の健康は、 BMI、食事、身体活動、喫煙、血圧、血糖値、 総コレステロール値などのいくつかの 健康マーカーに基づいて評価されました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー その後、研究者はペット所有者(グループの42%)の 健康結果を非所有者と比較しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペットの飼い主は、アクティブな生活と心臓に健康な 食事を維持する可能性が高いことを発見しました。 彼らはまた、より健康的なレベルの血圧、 血糖値、コレステロール値を持っていました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー しかし、研究者がペットの飼い主だけに目を向けると、 犬の飼い主は、他のペットの飼い主と比較して、 全ての健康マーカーで全体的に得点が高くなりました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 研究の結果は、犬の飼い主がより多く歩き、 ストレスレベルが低く、社会的孤立が少ないことを発見しました。 他の数多くの研究を裏付けています。 これらはすべて「心臓病のリスクを低下させます」 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 犬を飼っている方はラッキーなニュースです! ですが、日常的な運動習慣がいいので 犬がいない方も日常に運動を取り入れてみてください♪

7回の閲覧0件のコメント