定期的なお茶の摂取は心臓の健康につながる


European Journal of Preventive Cardiologyが1月9日にオンラインで発表した研究によると、少なくても1日おきにお茶を飲むことは心臓の健康に良いかもしれないという。


研究には、長期健康研究の一部であった10万人以上の中国人成人からのデータが含まれていました。参加者は、飲んだお茶の量など、健康と行動に関する情報を提供しました。 追跡調査は平均7年間続いた。


週に3杯未満のお茶を飲んだ人と比較して、より多く飲んだ人の方が心臓発作や心臓に関連する問題のリスクが20%低く、心臓病による死亡のリスクが22%低くなりました。


調査結果は、お茶を飲むことがこれらの利点の原因であったことを明確に証明していません。


しかし、緑茶と紅茶には、心臓病の原因である炎症を抑えるのに役立つフラボノイドと呼ばれる化合物が豊富に含まれています。

また、お茶を飲むことは、コレステロールの低下と血管機能の改善にも関連しています。

0回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403