『最新の研究とハーバードの見解』 ビーガンを理解することで見えてくる健康的な食生活


ビーガンダイエットについて理解して、



計画的に行うことで健康的な選択になります。



最新の研究とハーバード大学の見解



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



ビーガンダイエットに関しては



多くの議論がありました。 



・肉、鶏肉、魚介類、卵、乳製品を除く

 ビーガンダイエットは健康的ですか? 



・栄養はしっかり取れますか? 



・試してみるべきですか? 



・体重を減らすのに役立ちますか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



世界中の多くの人々はさまざまな理由で



植物ベースの食事を食べています。



・肉が容易に入手できない。



・手ごろな価格である



・宗教上の信念



・動物福祉に関する懸念のため



健康になることとは別の理由で人々が



植物ベースの食事に移行しています。



そして、研究はビーガンの食事を含む



植物ベースの食事が健康に良いという



考えを支持しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



科学的根拠をみていきます。



JAMA Internal Medicineで発表された



最近のメタ分析では、合計30万人を超える



参加者を対象とした9つの観察研究で、



植物ベースの食事が、

(ビーガンとベジタリアンの両方)



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



ちなみに



ベジタリアンは

様々なタイプの菜食主義者の総称です。



ビーガンは

卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



2型糖尿病のリスクと関連しているか



を調べました。 この研究では、



植物ベースの食事は



(全粒穀物、豆類、ナッツ、野菜、果物などの食品に重点を置く一方で、肉、乳製品、卵などの動物性食品に重きを置かない。または排除する)



2型糖尿病を発症リスクが23%低かった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



American Journal of Clinical Nutritionに



掲載された2016年の研究では、



研究者は8年近くにわたって26,000人以上の



男性の食事を分析しました。 



菜食主義の食事は、そうでない食事と比較して、



前立腺癌のリスクが35%低かった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



また、2019年2月に



The Lancetに公開された研究では



主に植物ベースの食事にすることで、



世界全体で年間約1100万人の死亡を防ぎ、



環境へのさらなるダメージを防ぎ



地球の人口増加に十分な食糧を持続的に



生産できることが示されました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



最後に、

Academy of Nutrition and Dieteticsの



意見論文では、適切に計画された



ベジタリアン(ビーガンを含む)



ダイエットは健康的で栄養的に適切であり、



特定の病気の予防と治療に健康上の



利益をもたらす可能性があると指摘します。



さらに、これらの食事は、



妊娠、授乳期、乳児期、小児期、青年期、



および成人期を含むすべてのライフステージに



適していると報告しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



ビーガンダイエットは健康的ですが、



これには計画が重要です。



ビーガンの食事のバランスを取り、



十分なタンパク質、カルシウム、鉄、



ビタミンB12を摂取するための



計画を立てる必要があり、