スタンフォードが開発研究、ウェアラブル端末でコロナウィルスを検知する


ウェアラブル端末端末から得られる


あらゆるデータをもとに


ウィルスに感染している初期兆候を


検知するという開発を始めました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ウェアラブル端末を使用して、


心拍数や皮膚温など、


体が感染症と戦っているときに


上昇すると知られているものを


測定することによって早期発見、


重症化する前に発見することを目的とします。


検知するアルゴリズムができた場合、


コロナウィルスの感染拡大を抑制できるというのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このデバイスが完成すると、


心拍数、皮膚温、または整理機能が


ウィルスと戦っている兆候をみせると、


ユーザーに警告することができます。


インフルエンザの兆候があるから、気をつけて。のような感じです。


画期的ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もちろん課題はあって、


ホラー映画を観ている時や、


自然に心拍数や皮膚温が上がるような


現象が起こることがあるので、


確定的な診断はできません。


ですが、普通に生活していて、


『もしかしたら風邪かもしれませんよ!他の人に移してしまうかもしれないよ!』


とウェアラブル端末が教えてくれれば、


自分の身体の状態を判断して、


それなりの対策が打てます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とても興味深い内容です。


ウェアラブル端末を使用すると日々の運動量などが上がる。


という研究もあるので、


健康管理には絶対必須のアイテムに


そのうちなるかもしれません。



15回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403