がん予防のためには、運動量を増やして、お酒を飲まないこと


体をより動かし、お酒をやめることで、がんのリスクを減らすことができると、

米国がん協会は新しいがん予防ガイドラインで述べています。

2020年6月9日にCA: A Cancer Journal for Cliniciansがオンラインで公開した推奨事項は、最新の科学的根拠に基づいて、がん予防のため砂糖や赤身の肉を減らすことも推奨しています。

新しいガイドラインでは、週に150分の適度な運動や75分の精力的な運動をする代わりに、成人は150~300分の適度な活動や75~150分の精力的な運動をするべきだとしており、より多くの運動を目標とすべきだとしています。

食事に関しては、がんのリスクを減らすためには、より多くの植物、全粒穀物(精製されていない)と少なくとも 2.5 カップの色んな種類の果物と野菜を毎日食べることを目指すべきであり、砂糖と肉は少なくし、可能な限り加工肉と赤身の肉は制限をすることとしています。

過去に、ACS :American Chemical Societyは適度なアルコール摂取量を推奨していましたが、新しいガイドラインでは、可能であればアルコールは完全にやめることが良いことを示しています。

お酒を飲む人は、以前の推奨されていた女性は 1 日 1 杯以下、男性は 1 日 2 杯以下という制限を守る必要があります。

4回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403