あらゆる病気、さらには死亡のリスクまで低減させる「スーパーフード」とは?


科学は、特定の食品が他の食品よりも栄養価が高いことを明らかにしています。

スーパーフードについて聞いたことがある人もいると思います。

スーパーフードとは、果物、野菜、ナッツ、種子などのことで、優れた健康効果があると言われているものです。

他の食品に比べて、特定のビタミンやミネラル、強力な抗酸化物質が多く含まれています。

また、高血圧、糖尿病、心臓病、がんなどの予防にも効果があるとされています。

標準的なスーパーフードのリストには、

ベリー類(特にブルーベリー)、脂肪分の多い魚、ほうれん草、ナッツ類(クルミのようなもの)、

オリーブオイル、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、芽キャベツ)、豆類などがあります。

ヨーグルト、全粒穀物、ターメリックやシナモンのようなスパイス、アボカド、チアシードなどの他の食品も追加されています。

実際には科学的に特定の食品に "スーパー “と名付ける基準はありません。

このネーミングはマーケティング広告のためにスーパーと呼ばれています。

だからといって、これらのスーパーフードが重要でないということではありません。

それどころか "多くのスーパーフードは、健康的な食生活の基礎となるものです。

ですので、積極的に摂取する方が健康に良いことは間違いありません。

多くの研究結果では、

スーパーフード(特にブルーベリー、ナッツ、オリーブオイル)を食べることと、

高血圧、心臓病、糖尿病、がん、さらには早期死亡のリスクを低減させるという強い関連性が示されています。

だからと言ってこれだけを食べるというのではなく、他の食品も一緒に意識して『スーパープレート』として食べることが重要だとしています。

スーパープレートを作る

入れることができるスーパーフードのリストをご紹介します。

アブラナ科の野菜

(ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー)

全粒粉

ナッツ

(クルミ、アーモンド、ペカンpecans)

脂の乗った魚、青魚

ほうれん草

アボカド

オリーブオイル

豆類

ベリー類、特にブルーベリー

特定のスーパーフードに集中するのではなく、これら色々な種類のスーパーフードを入れた食欲をそそるスーパープレートを作ることが重要です。

自分が好きな様々なスーパーフードを選んで普段の食事に取り入れることで、いくつかのスーパーフードだけを食べ過ぎてしまうのではなく、様々な栄養素を摂取することができます。

3回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403