『白い炭水化物が健康に悪い理由』白米を考えます。


※前回の投稿に続いています。



科学的根拠に基づく見解によると



白米の摂取量が少なければ少ないほど



糖尿病のリスクが低いことが報告されています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2012年

世界的に権威のある英国の医学雑誌に、



『白米と糖尿病の関係』



に関する研究結果が発表されました。



↓



その結果、白米の摂取の摂取量が



1杯(158g)増えるごとに



『糖尿病になるリスクが11%増える』



と報告されました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2010年

権威あるアメリカ栄養学会の学会誌に、



日本人の研究者らが行った日本人のデータを



用いた研究が掲載されました。



↓



この研究によると、日本人においても



白米の摂取量が多ければ多いほど



糖尿病になる可能性が高くなることが



明らかになりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



研究結果



男性では、

白米を食べる量が(ごはん1杯160g換算で)



1日2杯以下のグループと比べて、



1日2~3杯食べるグループでは5年以内に



『糖尿病になるリスクが24%高い』



ことが明らかになりました。



↓



しかし、白米を1日2~3杯食べる人と、



3杯以上食べる人たちで糖尿病リスクは



変わりませんでした。



したがって、男性においては、



1日2杯(315g)くらいが糖尿病のリスクが



上がりはじめる境界だと考えられます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



女性では、

もっと分かりやすい関係がみられました。



『白米を食べる量が多ければ多いほど

糖尿病のリスクが高くなる』



という関係が認められました。



↓



白米を1日あたり、



1杯しか食べないグループに比べて、



『2杯食べるグループでは15%』



『3杯食べるグループでは48%』



『4杯食べるグループでは65%』



糖尿病になるリスクが高くなる



ことがわかりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これらのことを踏まえると、



白米を食べる量が多い人ほど、



糖尿病にるリスクが高くなっている傾向が



確認できるので、



減らせるのであれば、できるだけ



少ない摂取量の方が良いと考えられます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さらには糖尿病の家族歴があると



糖尿病になる確率はさらに高くなるので、



少しでもリスクを下げるためにも



できるだけ白米を含む白い炭水化物は



減らした方が良いと考えられます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



どうしても白米を食べたいという方は、



毎日1時間以上の激しい運動をすることで、



糖尿病のリスクを回避できるかもしれません。


科学はこれらのことを証明しているので、


全く食べないなどは難しいと思いますが、



白い炭水化物から茶色い炭水化物に変える



健康上のメリットはとても大きいと言えます。


18回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403