『猫の飼い主が得る7つの科学的に証明された健康上の利点』


1.心疾患のリスクを下げます



猫を飼うとストレスレベルが低下し、



それが心血管疾患のリスクを下げることが



研究でわかっています。



猫を飼うと、実際に脳卒中を含む



さまざまな心臓病のリスクが約30%低下します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2.骨、腱、筋肉を回復させる



猫のゴロゴロという音は、



世界で最も心地よい音の1つであり、



猫が幸せで快適であることを意味しますが、



その音は人間の骨や筋肉の治癒力にも深く関係しています。



猫のゴロゴロは20〜140 HZの周波数で振動します。



研究では、18〜35 HZの範囲の周波数が



負傷後の関節の可動性にプラスの影響を



与えることが分かっています。



研究者は猫のゴロゴロが人体を癒すことを指摘しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3.睡眠の質があがります



英国でのいくつかの研究では、



特に女性はパートナーよりも



猫と一緒に寝ることを好み、猫と一緒に寝る方が



睡眠の質が良いと報告されています。 



Mayo Clinic の研究で、人々の41%はペットと一緒に



寝ることで睡眠の質が上がったことが確認され、



睡眠妨害だと訴えたのは20%だけでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4.ネコはあなたを(男性)魅力的にする



実施した研究では、女性は



ペットを飼う男性に惹きつけられる可能性が高く、



独身女性の90%が猫のいない男性より、



猫のいる男性の方が優しく思いやりがあると



感じるということがわかった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



5.ストレスと不安を軽減する



周りに猫がいると、ストレスや不安を和らげる



化学物質が体内で放出される。



また猫は、メンテナンスが非常に少なく、



簡単な触れ合いだけでお互いが幸せになれます。



6. アレルギーになりにくい



2002年に米国国立衛生研究所は、



猫に触れ合った1歳未満の子供があらゆる種類の



アレルギーを発症する可能性が低いことを発見しました。





国立アレルギー感染症研究所は、



幼少期のペットとの触れ合いは、



ペットアレルギーだけでなく、チリダニ、ブタクサ、



草に対するアレルギーなど、他のタイプの一般的な



アレルギーからも保護すること報告されています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



7.猫の動画を見るだけでもポジティブに



インディアナ大学ブルーミントン校による



7,000人を超える人々の調査によると、



猫の動画を見ると、ポジティブな感情が高まり、



ネガティブな感情が減少することがわかりました。

20回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403