『予防医学の最前線』 『炎症』についてご存知ですか?世界が注目するこちらは理解しておきましょう!



予防医学の最前線



最新の予防医学では、『炎症』が健康上の


大きなリスクであるということが言われています。



炎症とはなにか?

ハーバードの医師に尋ねるという記事と



他の情報も合わせてわかりやすいように解説します。



炎症とは何であるのか、解説していきましょう♪



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



一般的に炎症とは、



傷害または感染に対する反応



負傷しているときに起こる炎症は良いことです。 



白血球の軍隊が流入して感染と戦い、



治癒を助けるため、



負傷した部分は赤くなり腫れます。 



白血球がウイルスや感染症に遭遇すると、



身体の他の部分でも同じ反応が起こります。 



これが炎症反応です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



しかし、この免疫反応は起こるべきではない時に



起こってしまうことはご存知でしょうか?



たとえば、毒素にさらされたときや、



慢性的なストレス、肥満、自己免疫障害などの



他の原因によって引き起こされる慢性的な炎症。



『慢性炎症』これが、リスクを伴う炎症です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



慢性炎症は全身に飛び火します。



ある場所に慢性炎症があったとしましょう。



例えば「歯周病」は、



歯周組織における歯周病菌の感染で発生する



慢性炎症です。そこで産生された



「炎症性サイトカイン」と呼ばれる炎症シグナルは、



血液や血管を介して他の臓器へと影響します。





具体的に、歯周病による炎症は、血管の炎症を



引き起こし、動脈硬化を促進すると言われています。



このように慢性炎症は、炎症のある組織に留まらず、



血液や血管を介して、実にさまざまな



全身の臓器へ影響を及ぼすことが分かってきました。



これらの炎症は長期にわたって持続します。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



この慢性的な炎症状態は、細胞レベルで老化を起こし



心臓病、関節炎、うつ病、アルツハイマー病、



さらには



『癌を含む多くの健康上の問題につながる』



可能性があると考えられています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



この有害な慢性炎症に対抗するには、



適切な食品を選択し、『赤い肉』洗練された



『白い炭水化物(白いパンや白米など)』



『揚げ物』『甘い飲み物』など、



慢性炎症を引き起こす可能性のあるものを避けます。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



代わりに、緑の葉野菜や果物、ナッツ、



脂肪の多い魚(特に青魚)オリーブオイルを



選んで食べるようにしましょう。


腸内細菌叢の良い状態にしておくことも重要なので、


発酵食品なども重要です。


今までの記事が色々と繋がってきますね♪



また、十分な運動

(最低限1日20〜30分のウォーキングでもOK)


適切な睡眠時間の確保、

(前の記事でありますが、7〜9時間です。)



ストレスをなるべくためないことです。


定期的な運動はストレス解消にもなります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以前に食事、睡眠のことは書いてあるので、


思い出せない。



まだみていない方は見てみてください♪



白い炭水化物の記事書いてませんでした!



白い炭水化物(白いパン、白米など)



がなぜ悪いと言われているのか。


まとめます!


8回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403