『ハーバードメディカルスクール記事』コアトレは運動計画にどのように取り入れるべきか? 


コアの筋肉は、



下半身と上半身の間の重要なリンクです。



あなたが行うすべての動きは、



あなたのコアで始まるか、



またそれを介して転送されます。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そのため、コアが弱い、



またはタイトな場合、



腕や脚の力が弱くなる可能性があります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



米国保健福祉省のアメリカ人のための



身体活動ガイドラインでは、



次のバランスの取れた計画を推奨しています。



『1週間に少なくとも2時間半(150分)の

中程度の強度の有酸素運動』



『1週間に1時間半(75分)の激しい運動』



またはこれら2つの運動の組み合わせ。 



コアを含むすべての主要な筋肉のために、



『週2回の筋力トレーニングセッションと

バランス強化運動を取り入れること』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



多くの筋力トレーニングルーティンには

(マシン中心のワークアウト)



コアワークが含まれていないため、



コアの筋肉は激しいトレーニングに



対応できない場合が多くあります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



アメリカ人のための身体活動ガイドラインの



推奨ですので、身体が小さい日本人は



推奨時間より少ない運動で良いと考えられますが、



コアトレーニングの重要性は明らかです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



私がもともとコアトレが好きなので、

(姿勢や骨盤のバランスを考えているため)



Re:Lineにいらしている方はコアが強いです♪



コアバランスが悪く連動が取れていない身体は、



力が逃げてしまい全く出力が出ません。



筋力の検査をするとすぐに違いがわかりますから



詳しく知りたい、気になる方は声かけてくださいね♪



今日もプランクから始めましょう!

13回の閲覧
Contact Us:

Tel: 03-5422-8906

Email: reline.hiroo@gmail.com
 

Location​​​​​​: 東京都渋谷区広尾5-19-19サンセール広尾403